2017年12月09日

12月9日の稽古 晴

はじめまして。
劇団Mayの金哲義です。
今回あうん堂さんに初参戦させていただきます。
実はなにかと深津さんの作品には御縁がなくて、参加するのはもちろん、脚本を読むのも今回が初めて。
という
「お前は昨日関西で演劇をはじめたのか!?」
てなくらいの勢いですね…。

僕の頭の中には演劇界の基本知識や基本歴史が皆無なんです。(汗)
演劇界の偉い人の名前とか、大御所先輩の存在とか、有名な同世代とか、ぐんぐん伸びてる若手とか。
ほとんど知らなくて…。

さて今回の作品。
何かと不思議な空間です。
僕の役は[沈黙]が多いと言いますか。
それは必要な[沈黙]なのか、作品を読み取れていないだけの演技の間違いなのか
数回の稽古ではまだ解明できていません。
でも。
現時点では[沈黙]を多用し、必要として、そして時には[沈黙]であれこれ遊んでいます。

そんな中で村尾オサムさんは、早速セリフを前半半分完璧に覚えてこられて、プレッシャーを与えてきます。
先輩の背中は偉大!
僕も早くこの先輩たちと空間を自由に遊びたい!

もう少し慣れましたら、稽古場日誌ももう少し暴走するのですが…
もうしばし猫をかぶらせてください。

今日の稽古ではちょっとマイブームになってる動きをずっとやってました。
6回くらいやったらもう飽きてマイブームが終わったので、次からもうしません。
なんの動きかは言いません。
マイブームだっただけなので!

皆様!
三月の真ん中にお会いしましょうね!
posted by あうん堂の出演者 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。