2013年03月03日

3月2日の日記

今日は2回目の通しでした。舞台監督、照明、音響、舞台美術とスタッフ勢揃いの中での。
なんというか、いつもより空気が粘っこい中の始まりでありました。
僕も役者(と名乗るのは大変烏滸がましい)で経験ありますが、緊張するものですよね。
しかしまあ通し稽古なのだから、やらかしてしまえばいいのだ、だって通し「稽古」なんだもの!なんて事を居酒屋で言われ、そりゃそうだと再認識した今日でありました。フロンティア精神。それはきっと大体の事に通じるのだと信じると今日は言う。毎日の様に自分を見失う僕にとっては正解とはなんぞや?と自問自答するのでした。素敵に難しい台本です。

第一次反抗期、大竹野春生でした。
posted by あうん堂の出演者 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。