2010年06月16日

6月16日の日記

今日の稽古は僕しか男性がいない稽古でした。
ハーレムっちゃあハーレムです。
しかし財源はおぼつかないゴールデンボーイ、大竹野春生です。

今日の稽古場は被服室のような所で、ミシンやら首の無いマネキンやらがごろごろしていたのでした。
晴佳さんが「マネキンは苦手やねん」とおっしゃっていましたが、僕は高校時分に、マネキンにはお世話になっているので、複雑な気持ちでした。
人間は1人では生きていけないのだな、とマネキン抱きしめながら鬱屈を浄化させてた青春時代。今から思えば犯罪者予備軍かな、と思わなくもないですが、きっと今にも通ずるカタルシスだったのだと思います。

稽古の後は餃子屋さんに行って餃子をつまみにビールをやりました。
僕はゴールデンだから構わないのですが、皆さんは明日の仕事は問題ないのだろうかと思いながら、青春時代を思い出し、家に帰ってからかつてのマネキンの事を思い出すのでした。
posted by あうん堂の出演者 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。