2009年05月25日

25日の稽古

昨日の男前通しお疲れ様でした。
今日は場割り稽古でした。

“役者”って一体何なんでしょうか。役者は稽古で何をすべきなんでしょうか。
身体の“反射力”(物理的な反射力は当たり前で、それ以上に役者がもっていなければならないもの)について考えました。
そして、ひと動き、一歩、ひとセリフというものを考え抜いていない怠惰について考えました。
自分を役者というならば、やるべき事を当たり前にやって、もっと真摯に誠実に向かい合うべきだと再認識しました。

芝居作りは自己と他者との格闘技です。

役者 杉山寿弥
posted by あうん堂の出演者 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。